MASAYUKI KONDO

Painter MASAYUKI KONDO

Masayuki Kondo01

THE SOURCE OF MY EXPRESSION IS IN THE EYES OF OTHERS, BORN OF SKEPTICAL BIAS. IN ORDER TO TRACE THE ROOT OF MY ART, I THINK THAT LOOK INTO THE FORM OF MY OWN FAMILY IS THE CORE TO BE A BIG KEY.
I HAD A STRANGE FEELING OF HARMONY WITH MY PARENTS. I REMEMBER WHEN I WAS A SMALL CHILD, I FELT UNCOMFORTABLE AND COMFORTABLE AT THE SAME TIME.  I THINK THAT IT ALL STARTED FROM THE FACT THAT THEIR RELATIONSHIP WITH EACH OTHER AS HUSBAND AND WIFE WAS NOT BASED ON THE PREMISE OF MY EXISTENCE EVEN THOUGH MOTHER AND FATHER TOOK SEPARATE FORM.  MY PARENTS LIVED TOGETHER, SEPARATED, AND LIVED TOGETHER AGAIN MANY TIMES.  HEARTS DID NOT EXPAND OR REDUCE THEIR DISTANCE.
BASICALLY, I GREW UP WITH MY MOTHER, SO SHE HAS BEEN THE EXAMPLE FROM WHICH I LEARNED THE FORM OF PARENT AND CHILD.  RESULTING FROM A TERRIBLE COLD THAT SHE HAD WHEN SHE WAS A CHILD, MY MOTHER GREW UP WITH SERIOUS BRAIN DAMAGE.  HER VALUES SYSTEM AND HER JUDGMENTS WERE GREATLY DEVIATING FROM GENERAL “COMMON SENSE”, AND SHE HAS LANGUAGE ABILITIES PLUS WRITING SKILLS PROBLEM.  BECAUSE OF THAT, IN THE HIERARCHY, SHE WAS A MEMBER OF THE LOWER CLASS, HAVING FREQUENT TROUBLES WITH COMPLEX SOCIAL SITUATIONS.  MANY OF THESE PROBLEMS HAVE CREATED SHOCKS AND DOUBTS FOR ME WHO WAS LEAVING AT HER SIDE.  MY THOUGHTS WERE MY ONLY COMPAGNIONS, AS I DID NOT HAVE BROTHERS AND SISTERS.  ALONE, WITHIN A LARGE SPACE, WITH PLENTY OF TIME WHILE THERE WAS NO ONE AT HOME AND MY PARENTS WERE OUT WORKING.  I WAS LOCKED IN THE INNER PART OF MY HEART, THAT’S HOW I WAS LIVING.   IT WAS NEITHER HOPELESS NOR EMPTY,  NEITHER SAD NOR LONELY,  IT WAS AN OPPORTUNITY TO EMBODY LONELINESS.  AS AN INEVITABLE RESULT THE SENSE OF LONELINESS AND ITS POTENTIALITIES, DENSELY GREW INSIDE OF ME AS I BECAME AN ADULT.  IT CAME TO ME NATURALLY TO ATTEND ART CLASS AS ENDED MY CHILDHOOD…

私の表現の源は、懐疑的なまでの偏りから生まれた、他者の眼にあります。 その芸術の根底を辿るのに、大きなキーワードとなるのは、自分自身の家族の形態こそが核心であると考えております。私は自分の両親に対して、物心ついた頃から記憶している、違和感と同時に心地良さがあるという不思議な感情の調和がありました。 それは、母と父が別居という形式をとりながらも、私の存在を前提とし、夫婦同士の繋がりを切らさなかったという事から全てが始まっていると 思います。両親は同居、別居、同居を何度も積み重ねながらも、一向に距離を縮めもしなければ、拡げもしませんでした。私は基本的に、母親と行動を共にさせられていたので、親子の形式を学ぶ対象者は母となりました。 そんな母は、本人が幼少時に発病した風邪の後遺症で、脳に大きなダメージを残して成長したため、一般常識とは大きく異なる価値判断や、言語 能力や筆記能力の障害を持っています。その為、周囲とのトラブルや、社会的コンプレックスなど、ヒエラルキーにおける低層階級に属されてい ました。それら多くの問題や障害は、供に連れ立っていた私にとってショックや疑問を生み出しました。 そこでの多くの想いは、兄弟の居なかった私にとって、親が働きに出て、家に誰もいない中途半端な広い部屋や有り余る時間の中で、自分の心の 内在に閉じ込め続けて生きる事へとなりました。それは絶望でもなければ、空虚でもなく、悲しみや寂しさでもない、孤独を体現する機会へとな ったのです。その必然的に身に付けられた孤独感は、潜在的に私の内側へと濃密に宿り続けたまま大人へとなり。成長した私を、芸術の順路へと自然に足を 傾ける事となりました。

Masayuki Kondo02

Masayuki Kondo03

Masayuki Kondo04

Masayuki Kondo05

Masayuki Kondo06

Masayuki Kondo07

Masayuki Kondo08

Masayuki Kondo09

Masayuki Kondo10

Masayuki Kondo11

I USED TO BE A COMEDIAN, AND I USED TO WORK AS AN ACTOR. SOMETIMES I SPEND DAYS TO KEEP WRITING NOVELS. HOWEVER, THESE ART EXPRESSIONS DID NOT LEAD TO A SENSE OF FULFILLMENT OF THE MIND TO THE EXTENT I COULD SAY FOR MYSELF.  AS A COMEDIAN, SHARING FEELINGS OF JOY, EXPERIENCING OTHER HUMAN LIFE AS AN ACTOR, OR TRYING TO IMMERSE ONESELF IN A STORY AS A NOVELIST, THE FEELING OF LONELINESS REMAINS WITHIN ME, ALWAYS STANDING UP AS A WALL, AND I NEVER GOT OVER IT.
WHENEVER I LOST MY POTENTIAL FOR ART, I FELT THAT MY LONELINESS NEED SOMETHING MORE AND, IT’S THAT THING I’M TRYING TO MAKE NOTICED.  AT THOSE TIME, I DECIDE TO SPEND SOME TIME LOOKING BACK AT MY ORIGIN.  “WHY DO I KEEP FEELING LONELY ?”  THEN THERE ARE A VERY EASY-TO-UNDERSTAND SCENE.
THE MOMENT I FELT LONELY IN THE WORLD, I REALIZED THAT THE EYES OF THE OTHER PERSON ALWAYS EXISTED AND I CONTINUE TO BE AWARE OF THEM.  I DECIDED TO MAKE A PORTRAIT OF MYSELF THAT WOULD LET ME TO SEE ME IN A WAY THAT I COULDN’T SEE WITH MY OWN EYES.  LOOKING AT THE FINISHED PICTURE, THE LONELINESS I WANTED TO KEEP SHARING WAS PICKED UP AS IT WAS. I REALIZED THE MOMENT WHEN MY EXPRESSION GOT OVER IT.  PAINTINGS AND SCULPTURES HAVE EYES OF LONELINESS IN ME, AND THEY HAVE COME TO SPEAK OF MY EXISTENCE.

https://masayukikondo.com

 

私は、コメディアンを目指した事もあれば、役者として活動していた事もありました。時には小説を書き続ける日々も送りました。 しかし、これら芸術表現は私自身にとって全くと言っていいほど、心の充足感につながる事はありませんでした。 コメディアンとして喜びの感情を共有しても、役者として別の人間の人生を体験しても、小説家として物語の中に自分を没入させる試みをしても、 私の中の孤独という感情は、常に壁として立ちはだかり、一向に私自身が乗り越える事がありませんでした。それら芸術の道の可能性が失われる度に、私の孤独はさらに何かを求め、そして何かを気付かせようとしているが分かりました。 その時、私は自身の原点に対して時間をかけて振り返ってみることにしました。『どうして私は孤独を感じ続けているのか?』と。すると、そこにはとても分かりやすい光景が浮かび上がってきたのです。 私が世界を孤独に感じる瞬間は、常に他者の眼が存在してるのと、その他者の眼を意識し続けている私自身が存在し続けているのを悟りました。私は、自分の眼で見る事の出来ない自分自身を、自分が見る為に絵でポートレイトにすることにしました。 完成した絵をみると、私がずっと共有し続けたかった孤独が、ありのままに切り取られており、私の表現が初めて孤独を乗り越えた瞬間を実感し ました。絵画や彫刻には、私における孤独の眼が込められており、私の存在を代弁してくれる事となりました。



Leave a Reply

CAPTCHA